六本木商店街振興組合と、日本電気株式会社、三井住友カード株式会社、および株式会社ナビタイムジャパンは、行政や民間が保有する様々なデータの利活用による三密回避・混雑回避に向けた取り組みとして、六本木のまちを対象に、混雑状況や消費行動などの分析・可視化を行う実証実験として、8月から実施した人流情報や購買情報などのデータ収集・分析に基づき、10月28日からスマート街路灯のサイネージに混雑状況の表示を開始します。

本実証は、現在新規に設置を進めている「スマート街路灯」のカメラ等を利用して、三密回避に向けた混雑状況と人の流れ、来街者の属性および消費動向等の可視化を検証する実証実験です。
本実証は、現在新規に設置を進めている「スマート街路灯」のカメラ等を利用して、三密回避に向けた混雑状況と人の流れ、
来街者の属性および消費動向等の可視化を検証する実証実験です。

■データ利活用実証プロジェクト(官民連携データプラットフォーム コア事業実証プロジェクト)
https://www.tdpf-corepoc.metro.tokyo.lg.jp/
六本木商店街に設置されたスマート街路灯に搭載したカメラとAIによる映像解析技術により、来街者の移動方向、属性(性別・年代)および人数を24時間リアルタイムに推定します。また、三井住友カードのキャッシュレスデータを活用することで、商店街周辺エリアにおける新型コロナウイルス感染拡大前後の消費ボリュームや性別・年代別の消費行動の変化を分析し、 ナビタイムの電車混雑情報と組み合わせ、消費と人の動きへの影響を可視化します。

さらに、これらのデータと東京都が公開しているオープンデータ(新型コロナウイルス感染症情報、犯罪発生情報など)や気象庁の気象データを組み合わせて相関関係を分析し、六本木商店街におけるエリア毎・時間毎などでの傾向を捉えることで、三密回避・混雑回避のための仕組みの調査・検討など、安心して来街者が訪れることができるまちづくりに取り組みます。
六本木商店街に設置されたスマート街路灯に搭載したデジタルサイネージを活用し、収集・分析した混雑状況を地図上にリアルタイムで可視化します。直感的で分かりやすい表示として、東京2020オリンピックスポーツピクトグラムのデザインも手掛けるグラフィックデザイナー廣村正彰(ひろむらまさあき)氏の監修のもと、ピクトグラム・サイネージコンテンツの手法で可視化しています。これにより、まちの状況を来街者に対してリアルタイムに知らせ、三密を避ける対策につなげることが可能となります。

六本木商店街振興組合・NEC・三井住友カード・ナビタイムは、この実証実験の効果検証を通して、今後も安全・安心で賑わいあるまちづくりを目指す取り組みを進めていきます。
来街者のデータ取得に伴い、個人を特定可能なデータ情報は保存致しません。
カメラ映像は、推定データ生成後に即時破棄しております。
カード決済情報につきましても、個人の利用記録、店舗の特定などの取得はございません。
統計化した情報を使用しております。