ラクティブ六本木では、六本木で開催中のアートイベントの情報を開催日順にご案内しております。
六本木では、デザイン・アートのイベントが常にあちらこちらで開催されております。
心を豊かにするアートイベントにぜひ足をお運び下さい。作品開催中のイベントの詳細情報は、各施設までお問い合わせください。
日本・オーストリア
外交樹立150周年記念
ウィーン・モダン
クリムト、シーレ 世紀末への道

2019年4月24日(水)〜8月5日(月)
19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、工芸、デザイン、ファッションなど、それぞれの領域を超えて、新しい芸術を求める動きが盛んになり、ウィーン独自の装飾的で煌びやかな文化が開花しました。

今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グスタフ・クリムト(1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)、ヨーゼフ・ホフマン(1876-1958)、アドルフ・ロース(1870-1933)など各界を代表する芸術家たちが登場し、ウィーンの文化は黄金期を迎えます。それは美術の分野のみならず、音楽や精神医学など多岐にわたるものでした。

本展は、ウィーンの世紀末文化を「近代化への過程」という視点から紐解く新しい試みの展覧会です。18世紀の女帝マリア・テレジアの時代の啓蒙思想がビーダーマイアー時代に発展し、ウィーンのモダニズム文化の萌芽となって19世紀末の豪華絢爛な芸術運動へとつながっていった軌跡をたどる本展は、ウィーンの豊穣な文化を知る展覧会の決定版と言えます。
https://artexhibition.jp/wienmodern2019/
写真歴史博物館 企画写真展
日本の近代写真を支えてしまった?!
波乱万丈の男がいた
「明治に生きた"写真大尽"
 鹿島清兵衛 物語」

2019年6月1日(土)〜8月31日(土)
FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館では、2019年6月1日(土)から8月31日(土)まで、明治期に活躍した写真家・鹿島清兵衛の写真展を開催いたします。本展は、"写真大尽"として日本の写真界に大きく貢献した鹿島の生涯と功績を紹介する、本邦初の展覧会となります。明治中期、裕福な環境に恵まれ、その半生と財産を写真に注ぎ込んだ男がいました。東京・霊厳島新川(現・中央区新川)にあった日本有数の酒問屋、鹿島屋の八代目鹿島清兵衛です。鹿島屋は、越後屋、大丸、白木屋と肩を並べる豪商だったといいます。

八代目鹿島清兵衛は、先代が持っていた写真機を蔵で偶然見つけたのがきっかけで、写真にのめり込み、築地乾板製造所の設立や日本写真会の結成、大日本写真品評会の創立などに出資し、回り舞台やアーク灯が設備された豪華な写真館「玄鹿館」を開設するなど、自らの存在を数年間で世間に知らしめました。 "写真大尽"と呼ばれていたのは、明治20年代のことですが、特別注文した大型写真機で撮影した巨大写真やX線写真、マグネシウム閃光を使った夜間撮影など、当時としては前代未聞の写真制作に挑みます。それは、日本の写真界の発展に大きく貢献しましたが、そのころの破天荒な大盤振る舞いも当時の話題となりました。  鹿島は、明治23(1890)年に、新橋「玉の家」の当時はまだ半玉だったぽん太をポスターのモデルとして起用し、それが縁で、後の人生を共に過ごすこととなります。明治29(1896)年には、乱費がもとで鹿島家と離縁され、以降、写真館の閉鎖や爆発事故による指の切断など、波乱に満ちた晩年をぽん太に支えられながら過ごしていました。  

本展では、鹿島清兵衛の代表作である宮内省に献上された「富士」(複製)や、九代目市川団十郎が演じる歌舞伎十八番「暫」の舞台写真(複製)をはじめ、名妓と謳われたぽん太や、鹿島の弟・清三郎の愛妾おえんたちの妖艶な姿、絹布に焼き付けられた写真応用美術品などを一堂に展示し、鹿島の魅力に迫ります。単なる道楽を超え、日本の写真界に偉大な功績を残した鹿島清兵衛の豪壮な世界をどうぞお楽しみください。
http://fujifilmsquare.jp/detail/19060104.html

クリスチャン・ボルタンスキー
− Lifetime
2019年6月12日(水)〜9月2日(月)
現代のフランスを代表する作家、クリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)の活動の全貌を紹介する、日本では過去最大規模の回顧展です。作家は1960年代後半から短編フィルムを発表、1970年代には写真を積極的に用いて、自己や他者の記憶にまつわる作品を制作し、注目されます。1980年代に入ると、光を用いたインスタレーションで宗教的なテーマに取り組み、国際的な評価を獲得。その後も歴史や記憶、人間の存在の痕跡といったものをテーマに据え、世界中で作品を発表しています。 本展では、50年にわたるボルタンスキーの様々な試みを振り返ると同時に、「空間のアーティスト」と自負する作家自身が、展覧会場に合わせたインスタレーションを手がけます。
https://boltanski2019.exhibit.jp

塩田千春展:魂がふるえる
2019年6月20日(木)〜 10月27日(日)
ベルリンを拠点にグローバルな活躍をする塩田千春は、記憶、不安、夢、沈黙など、かたちの無いものを表現したパフォーマンスやインスタレーションで知られています。しばしば個人的な体験を出発点にしながらも、その作品はアイデンティティ、境界、存在といった普遍的な概念を問うことで世界の幅広い人々を惹きつけてきました。なかでも黒や赤の糸を空間全体に張り巡らせた圧倒的なインスタレーションは、彼女の代表的なシリーズとなっています。

本展は、塩田千春の過去最大規模の個展です。副題の「魂がふるえる」には、言葉にならない感情によって震えている心の動きを、他者にも伝えたいという作家の思いが込められています。糸を空間に張り巡らせたダイナミックなインスタレーションはいまや彼女の代名詞ともいえますが、これら大型作品6点を中心に、立体作品、パフォーマンス映像、写真、ドローイング、舞台美術の関連資料などを加え、25年にわたる活動を網羅的に体験できる初めての機会になります。「不在のなかの存在」を一貫して追究してきた塩田の集大成となる本展を通して、生きることの意味や人生の旅路、魂の機微を実感していただけることでしょう。
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/shiotachiharu/index.html
MAMコレクション010:
フェイクニュース?

2019年6月20日(木)〜 10月27日(日)
米国大統領ドナルド・トランプの口癖にもなっている「フェイクニュース」。インターネット上 に流れるデマをはじめ、今日、何が事実なのかますます見えにくくなっています。本展では、作家本人が総理大臣に扮し、鎖国の重要さなど独自の外交論を日本語訛りの英語で演説する会田誠の作品や、2014 年台湾の学生や市民が国会を占拠したひまわり運動の一場面を記録したユェン・グァンミン(袁廣鳴)の《占領第561時間目》(2014年) などの映像作品を通じて、マスメディアにおける情報生産の本質について考察します。
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/mamcollection010/index.html
MAMスクリーン011:
高田冬彦

2019年6月20日(木)〜 10月27日(日)
高田冬彦(1987年広島生まれ)は、宗教、神話、おとぎ話、ジェンダー、トラウマ、性、BL(ボーイズ・ラブ)といった多様なテーマを扱いつつも、ポップでユーモアのある、時折エロティックな映像作品を制作してきました。自宅スタジオから、大学、野外まで、撮影場所はさまざまで、手作り感あふれるセットも魅力です。一見、荒唐無稽なストーリーのようでありながら、社会に対する批評的な一面をもつ高田の作品群を、約1時間のプログラムで紹介します。
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/mamscreen011/index.html
サントリー芸術財団50周年
遊びの流儀 遊楽図の系譜

2019年6月26日(水)〜8月18日(日)
「遊びをせんとや生まれけむ」とは、平安時代末期の歌謡集『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』の有名な一節です。この展覧会は美術のテーマとなった「遊び」に着目し、双六やカルタ、舞踊やファッションなど、男女が熱中した楽しみごとの変遷をながめます。とくに近世初期の「遊楽図」における屈指の名品の数々が一堂に集まり、暮らしと「遊び」のかかわりを探るかつてない機会となります。

古くから主要な画題であった「風俗図」や「遊楽図」には、平安時代以来の貝合や蹴鞠、羽子板など、情趣ゆたかな遊びに熱中する人々が描かれています。また、中世以降には、中国の士君子のたしなみとして奨励された「琴棋書画(きんきしょが)」(琴・囲碁・書道・絵画)の影響を受けて、「琴棋書画図」が屏風や襖絵に数多く制作されました。近世に入ると、花見や風流踊りに興じる開放的な気分にあふれた「野外遊楽図」が流行しますが、江戸時代前期には幕藩体制が安定に向かうとともに、室内で親密に遊ぶ様子を描く「邸内遊楽図」に中心が移ります。画面を眺めると、琴は三味線に、囲碁は双六に姿を変えて、「琴棋書画」の宴に見立てて描かれた遊楽の場面が幾つも見出せます。

現代を生きる私たちは、手中のスマートフォンで音楽やゲームに興じ、メールや画像をやり取りしています。その様子はあたかも、「琴棋書画」が端末1台に完結しているような趣です。しかし、一昔前までは、実際に人々が出会い、集わないかぎり成立しなかった技芸や遊びは少なくありません。 この展覧会は、とくに「遊楽図」の中で遊ぶ一人一人の表情に迫ります。ある時は無邪気に笑顔を交わし、またある時は物憂げに遊び暮らした先人たちの、遊びの極意や、浮世を生きる術に、思いを馳せるひとときをお届けします。
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2019_3/index.html
MIDTOWN LOVES SUMMER 2019
2019年7/12(金)〜8/25(日)
"日本の夏の涼"をコンセプトに縁側の夕涼み、小川のせせらぎ、緑あふれる開放的な和の空間を通して五感で涼を感じられるイベントを実施します。芝生広場には、メインイベントとなる「水と生きる SUNTORY 光と霧のデジタルアート庭園」が登場。縁側に腰掛け、ひんやりとした霧に包まれた幻想的な空間を体感できます。木陰で涼を楽しめる屋外ラウンジ「ROKU MIDPARK LOUNGE(ロク ミッドパーク ラウンジ)」も期間限定で登場します。都会の真ん中で涼やかな夏のひとときをお過ごしください。
https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/4561/
企画展
「虫展−デザインのお手本−」

2018年7月19日(金)〜 11月4日(月・祝)
21_21 DESIGN SIGHTでは2019年7月19日より企画展「虫展 −デザインのお手本−」を開催します。展覧会ディレクターにはグラフィックデザイナーの佐藤 卓、企画監修には虫好きとしても知られる解剖学者の養老孟司を迎えます。

自然を映し出す存在である、虫。私たちの身近にいながら、実はそのほとんどの生態はわかっていません。虫の色、質感、構造、また習性には、私たちの想像をはるかに超える未知の世界が広がっています。人類よりもずっと長い歴史のなかで進化を続けてきた多様な虫の姿からは、さまざまな創造の可能性が浮かび上がってきます。本展覧会は、知れば知るほど不思議な虫たちを「デザインのお手本」にする試みです。

会場では、デザイナー、建築家、構造家、アーティストたちが、虫から着想を得たさまざまな作品を展示します。小さな身体を支える骨格を人工物に当てはめてみたり、翅(はね)を上手にしまう仕組みをロボットに応用してみたり、幼虫がつくり出す巣の構造を建築に当てはめてみたり...。一つの虫をじっくり観察したら、その口、目、脚から驚くような工夫が見つかりました。あるいは、人間が虫と関わってきたなかでつけた名前には面白いルールがありました。 クリエイターが、そして訪れる一人ひとりが、虫の多様性や人間との関係性を通して、デザインの新たな一面を虫から学ぶ展覧会です。
http://www.2121designsight.jp/program/insects/index.html
山中湖と富士山が心に響く風景
第12回 山中湖フォトグランプリ写真展

2019年7月19日(金)〜8月1日(木)
山中湖は富士山に一番近い湖で四季を通して被写体が豊富にあり、写真愛好家に親しまれています。山中湖にかかわるものを題材として毎年、山中湖フォトグランプリを公募し、多くの方から優秀な作品が寄せられます。本年はU29新人部門の新設により、9歳から29歳まで様々な年代の方々からもご応募をいただき、たくさんの応募作品の中から、感動的な光景を収めた写真が選出されました。  

グランプリ、金賞、銀賞、山中湖観光協会長賞、山中湖村長賞、審査委員長賞、山梨放送賞、山梨日日新聞社賞、ホテルマウント富士賞、TIC東京賞、フォトナ賞、U29新人賞、入賞の13賞に選ばれた30作品を展示いたします。自然あふれる山中湖の風景をお楽しみください。
一般社団法人 山中湖観光協会
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/minigallery/19071903.html