ラクティブ六本木では、六本木で開催中のアートイベントの情報を開催日順にご案内しております。
六本木では、デザイン・アートのイベントが常にあちらこちらで開催されております。
心を豊かにするアートイベントにぜひ足をお運び下さい。作品開催中のイベントの詳細情報は、各施設までお問い合わせください。
六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 
カタストロフと美術のちから展

2018年10月6日(土)〜 2019年1月20日(日)
東日本大震災やアメリカ同時多発テロ、リーマンショックなど世界各地で絶えず発生するカタストロフ(大惨事)。多くのアーティストがこのような悲劇的な災禍を主題に、惨事を世に知らしめ、後世に語り継ごうと作品を制作しています。戦争やテロ、難民問題や環境破壊など、危機的な問題が山積する今日において、美術が社会を襲う大惨事や個人的な悲劇とどのように向き合い、私たちが再生を遂げるためにどのような役割を果たすことができるのか。本展は、負を正に転ずる力学としての「美術のちから」について注目し、その可能性を問いかけます。
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/catastrophe/
MAMコレクション008:会田 誠とChim↑Pomのカラス
2018年10月6日(土)〜 2019年1月20日(日)
カラスは、吉兆を示す鳥あるいは太陽の象徴として世界中の多くの神話に登場する一方、腐肉食や黒い羽毛が死を連想させることから、悪や不吉の象徴としても繰り返し描かれてきました。会田の作品は、惨事の後を思わせるディストピア的な風景が、屏風絵という日本の伝統的な様式のもとに描かれています。カラスという共通した題材をもとに制作された両アーティストの作品は、我々の生きる社会を異なる視点から観察する好機を与えてくれるでしょう。
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/mamcollection008/
民藝 MINGEI -Another Kind of Art展
2018年11月2日(金)- 2019年2月24日(日)
1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳 宗悦(1889-1961)が、無名の職人たちによる民衆的工芸を初めて『民藝』と名づけました。 民藝の特徴でもある風土や風習を生かしたものづくりは、世代を超えて受け継がれていくなかで、素材、色、工程、用途、形などの独自性が際立ち、革新的で衝動的な、枠に捉われない創意工夫へと発展していきました。

本展では、21_21 DESIGN SIGHTディレクターでもあり、日本民藝館館長を務める深澤直人が、同館の所蔵品を中心に、新旧さまざまな150点余りの民藝を選び抜き紹介します。また、撮り下ろしインタビューや制作現場の映像、民藝の新たな表情を映し出す写真、日本民藝館設立時の貴重な資料などの多彩な展示を通して、これからのデザインのインスピレーションとなる「Another Kind of Art=民藝」を紐解いていきます。
http://www.2121designsight.jp/program/mingei/
扇の国、日本
2018年11月28日(水)〜2019年1月20日(日)
「扇」は、日本で生まれ発展したものです。その起源は詳らかではありませんが、早く10世紀末には中国や朝鮮半島に特産品としてもたらされ、中国の文献には、それまで一般的だった団扇と区別して「倭扇」などと登場します。すなわち、扇が日本のオリジナルであったことを物語っています。

宗教祭祀や日常生活での用具としてだけでなく、気分や場所、季節に応じて取りかえ携帯できる扇は、貴賤を問わずいつでもどこでも楽しめる、最も身近な美術品でした。和歌や絵が施された扇は、贈答品として大量に流通し、また、人と人をつなぐコミュニケーション・ツールの役割も担いました。 さらに扇は、屏風や巻物、そして工芸や染織などとも結びついて、多彩な作品を生み出していきます。あらゆるジャンル、あらゆる流派と交わる扇には、日本人が求めた美のエッセンスが凝縮されているのです。 本展では、日本人が愛した「扇」をめぐる美の世界を、幅広い時代と視点からご紹介します。手中の扇がひらひら翻るたび表情を変えるように、「扇」の多面的な世界をお楽しみください。
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2018_5/
MIDTOWN ICE RINK in Roppongi
2019年1月7日(月)〜3月3日(日)
本物の氷でできた広々としたリンクを滑走できる「MIDTOWN ICE RINK in Roppongi」は、スケート靴を履いたまま利用可能な暖房完備の休憩エリア、気軽に体験できるワンコインレッスンなども充実し、お子様連れからオフィスワーカーなど幅広い客層にお楽しみいただけるアイスリンクとなっております。初心者はもちろん、マイシューズをお持ちのリピーターまで、昨年は約 35,000人のお客様にご来場いただきました。 都心とは思えないほど開放的な空間に広がる東京ミッドタウンのアイスリンク。日中はガーデンの緑を感じながら、夜は美しいイルミネーションの中でナイトスケートを楽しむこともでき、ロマンチックな大人のデートにもぴったりです。 スケートを楽しんだあとは、暖かい館内でゆっくりとお食事やショッピングをしてお過ごしください。
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/4375/
イケムラレイコ 
土と星 Our Planet

2019年1月18日(金)〜4月1日(月)
長くヨーロッパを拠点に活動し、国際的にも高い評価を得ているイケムラレイコの大規模な個展を開催いたします。1970年代にスペインにわたり、美術を学び始めたイケムラは、その後スイスで現代美術家としての活動を本格的に開始し、1980年代前半からはドイツを拠点に活躍してきました。イケムラは、絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真、映像といったあらゆるメディアを駆使し、生成と変化の諸相を、潜在的な可能性までをも含めて表現しています。少女や夢幻の像、幻想的なハイブリッドな生きものたち、人や動物と一体化した風景など、イケムラ独特の多義的なヴィジョンは、イメージからイメージへと、軽やかにそのあらわれを変えていきます。そこには、生きている私たち、生まれいずるすべてのものたちの存在の多様性を、あるがままに受け入れようとするイケムラの強靭な思想が感じられます。ときにユーモラスで、ときに慈愛にあふれ、ときに悲壮な、慎ましげで内省的な作品たちは、まさにこの点において、閉塞感を増している今日の社会情勢に対する鋭い批評でもあるでしょう。近年イケムラは、40年にもわたる芸術的探求を経て、始原の物語を神話的スケールでつむぎ出そうとする大画面の山水画に取り組んでいます。約210点の作品を16のインスタレーションとして紹介する本展覧会を通じて、イケムラが見てきた、そして今まさに見ようとしている総合的な景色と世界観を共有できれば幸いです。
http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/Ikemura2019/
富士山の魅力をネットで
発信しつづける写真家集団
富士フォトネット(FPN)写真展 「富士光彩」

2019年2月1日(金)〜2月7日(木)
富士山の表情は無限です。 まぶしい朝陽の光、無数に輝く夜空の星たち、妖しく明かりを放つ月。 彼らはそれぞれの個性あふれる光で、富士山に彩りを与えてくれます。 そんな「富士山」に魅せられて、私たちは集まりました。 富士フォトネット(FPN)は、インターネットを通じて富士山写真を発表する仲間が集い、2000年に発足。 WebやSNSを通じて富士山の魅力を発信し続けています。

4回目となる本展では、「富士光彩」と題し、私たちが写真を通して出会った感動の瞬間を表現しました。 ぜひ会場にお越しいただき、様々な表情を見せる富士山を感じていただければ幸いです。
会員一同心よりお待ち申し上げております。
富士フォトネット(FPN) 会長 清水 隆史
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s2/19020102.html
六本木クロッシング2019展:
つないでみる

2019年2月9日(土)〜 5月26日(日)
「六本木クロッシング」は森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として2004年以来開催してきたシリーズ展です。第6回目の開催となる今回は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターのみで共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本人アーティスト約25組を紹介します。 「六本木クロッシング2019展:つないでみる」は、現代の表現を通じて見えてくる「つながり」に注目します。

情報通信技術など、さまざまなテクノロジーが加速度的に進化し、私たちの生活が便利になってゆく一方で、それに起因する新たな問題も浮かび上がっています。価値観の多様性が認められるようになった一方で、オープンであるはずのインターネットが、特にSNSにおいて、意見や認識の同調や共感を助長し、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出してしまう問題、偏った政治観によって引き起こされる軋轢や拡がり続ける経済格差など、さまざまな「分断」が顕在化しているようです。 こうしたなか、対極のものを接続すること、異質なものを融合すること、本来備わっている繋がりを可視化することなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示します。それらは現代社会に対する批評的な視点や発想の転換でもあり、「分断」と向き合うためのヒントとなるかもしれません。本展で生まれる新たな「つながり」が、日本の「いま」に向き合うことのできる有意義な機会となることを期待します。
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/roppongicrossing2019/index.html